MacでもMT4(メタトレーダー)は使える ーM3/M2/M1でも

MacでもMT4は使える

MT4(メタトレーダー4)とはロシアのMetaQuotes社(メタクオーツ社)製のFX自動売買ソフトです。

MT4はWindowsで開発されているアプリですが、Mac版も存在します。

しかし、すべてのFX業者で使えるわけではなく、Windows版のみでMac版に対応しない業者がほとんどです。

方法はいろいろありますが……

Intel MacならBootCampを使ってMacでWindows版のMT4を動かすことはできます。

あるいはMac版に対応するFX業者に乗り換えるのも1つの方法です。

しかし、MT4は24時間安定して稼働する必要のあるFX自動売買ソフトです。

普段使っているMacでなく、「24時間365日稼働できるMT4専用のWindows PC」で使うべきではないでしょうか。

しかし、それにはPCの購入費用もかかりますし、自宅でPCを24時間稼働させると火災のリスクもあります。

仮想デスクトップ

MacでWindowsアプリを使う方法の1つに仮想デスクトップがあります。

仮想デスクトップとはWindwos Server VPS(Virtual Private Server)でWindowsのデスクトップを提供するサービスです。

仮想デスクトップサービスへはMacからMicrosoft Remote Desktopアプリでリモートデスクトップ接続します。

するとまるでMacでWindowsが動作しているように見えます(実際にはWindowsの画面がクラウドから転送されて表示されています)。

この仮想デスクトップサービスなら、たとえMacをシャットダウンしてもサーバー上でMT4は動き続けます。

このMacとまったく関係なく24時間安定してMT4を稼働させられるのが仮想デスクトップを使う最大のメリットです。

たとえ、WindowsユーザーでもMT4は普段使いのWindows PCではなく仮想デスクトップで運用するのがオススメです。

コメント